2014年08月11日

4連休家族旅行 パート2

前回は、三重県答志島に渡ると言うところで記事をいったん終了しましたので、その続きからです。

鳥羽市市営の高速船で島に渡ることに、この時点で前に書いたように、携帯電話とデジカメを港の佐田浜駐車場に止めた車の中に忘れてしまいました。

どうにか船も今回の台風の影響もなくすんなりと出発した。

20分くらい走り答志島の和具港に到着した。事前に旅館の方には、この時間の船に乗り行きますと連絡を入れておいたが、港には迎えが来ていない。

しょうがなくしばらく歩いていると、旅館の迎えの車が走ってきた。

自分たちと、もうひと家族を乗せて旅館に向け走り出しました。旅館の方には数分で到着しました。

今回自分たちが泊まる 『やま七』さんは答志島では100人収容の比較的規模の大きい旅館だ。

Y359721004.jpg

これが旅館の前景です。

t34.jpg

夕食は、さすがに漁師旅館だけあり食べきれない位の魚介類中心の料理が出ました。

写真のほかにもワタリガニが付いてきました。今が旬と言う事もありとても美味しかったです。

それになぜ今回この旅館にしたかと言うと、夜に子供たちのイベントとしてたこや魚のつかみ取りをやると言う事で、ここにしたのだが、夕食を嫁が子供の分まで食べて、お腹いっぱいで動けないと言いだして、子供たちのイベントはあえなくキャンセルとなりました。

その代わりと言っては何だが、貸し切りで利用が出来る家族風呂を頼みました。

15.jpg

こんな感じでこじんまりとしていました。

16.jpg

こちらが旅館の大浴場になります。

14.jpg

自分たちの泊まった部屋がこちらです。オーソドックスなタイプです。

自分は夕食の時一人で飲んでいましたので、眠くて眠くて早くに寝てしまいました。

朝食も量が多くてよかったです。

3-1.jpg

ほぼこの写真と同じメニューでした。

そして旅館をチェックアウトしてまた鳥羽の港に戻ろうとしたら、船の時間がだいぶ後でしたが、民間の高速艇が鳥羽の港まで出ていると言う事で、そちらの船に乗船して帰ることに、値段も少しだけ安かったです。

港に着いてから今回の最後の目的地でもある 伊勢志摩スペイン村に行くことに鳥羽からは車で40分ほど走って到着しました。

118.JPG

平日の月曜日で天気も悪く空いているかと思いましたが、結構な人が来ていました。

いろんなアトラクションも待ち時間がありました。

だがほとんどの乗り物に乗ったかな??

156.JPG

134.JPG

154.JPG

ただ嫁も自分も最後の絶叫系のジェットコースターで気持ち悪くなり 帰り道は最悪でした。

運転は自分がしましたが、スペイン村からは帰りは伊勢道の玉城インターから乗って帰ってきましたが、

玉城インターまでの道のりがグネグネ道でしたので、嫁がゲロを吐いていました。

後は、何はともあれ無事に家まで帰れたので何よりです。

どうにか自分も夏休みの家族サービスが出来たかな??



それでは又

















posted by えいた at 12:43| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記、日常、一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。